ねねのメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾の食文化

<<   作成日時 : 2008/06/16 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界の食文化はよく歴史や地域を繋がる。
台湾と言えば、中国に伝わった料理が多い。例え台湾菜、広東菜、四川菜、北京菜、全部本場の味が見つけられます。そして、菜系によって、さまざまな調理方法と風味もあります。


だから、台湾はいつでも「料理の民主国」と呼ばれている。

って、中華料理は特に「陰陽調和」、「五行調和」を強調して、ちなみに、「五味五色五香」ということ。

五味は、「塩辛い、苦い、すっぱい、甘い、辛い」など五種類の味です、春にはすっぱいがいい、夏には苦い、秋には辛い、冬には塩辛い。
五色は、「青い、緑、赤い、黄色、白、黒」など色の中で、三~五種類の色を組みあわて、毎回その方を食べるなら、体を元気になるはずです。
五香は、「葱、生姜、大蒜、酒、だいういきょう、胡椒、胡麻油、椎茸」など風味がよくなれるもの。この植物達は、病気を治る功能もあるし、予防の効果もできるし、それは昔の食療と栄養学の始めたところです。

このほか、様々な節は、料理にも学問があったよ、
例えば、本来端午は昔の屈原さんを記念したために、主に肉とピーナが含まされた粽を食べていました、今のは色な味が増えて、マンゴー味の粽もあります!

画像


そして、秋の十五夜(日本では十三夜)に、中国人はよくメデタイ兆し(兎、「福、寿、禄」の字など)を描いたゲッペイ(お菓子)を食べて、それも文化芸術の一種類。
でも近年は、マーカーのCMから、本来ゲッペイ、ザボンを食べる風習は「BBQ」に変えた、今の十五夜は「国民のBBQ節」の名前が付けると思うね。

画像

(前東京で友達にもらった日本の月見お菓子、今写真を見ると、なんが可愛いな感じ〜^^)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾の食文化 ねねのメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる