ねねのメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 音楽の未来

<<   作成日時 : 2007/11/16 02:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

この間、台湾の歌番組「星光大道」の審査員「黄舒駿」を誘って、
「音楽の未来」について講演を行なった。
台湾大学のEMBAから卒業後で、彼も一時人気があった芸人になって、今は彼と話したばかりなので、そちらの思うことはかなり透徹すると思います。

画像


舒駿さんはハリウッドでもう声を売る技術があったことを言いました、
たとえば、もし歌手の声を買って、家のコンピューターに入れて、自分でめちゃ歌ったら、自分の声は歌手の声になれますよ。
とても面白いでしょう?

実は、創作って、ただ工具です。目的は考えることを実践しようとして、ほかの人に知られるようになっていうことです。
しかし、音楽の力は映像より大きいかもしれない、
耳を隠しても、やはり余音が耳に残っちゃうのだ、
でも目を閉じたら、見たくないものが見えないです。

楽器を弾くもすこし演技が必要、
和弦を分解する能力を身につけなければならない、
和弦に対する感覚は、個人な性格の組み合わせることです。
こういう秘密は経典作品の内でよく見つけやすいですね、
たとえば、モーツァルトの曲から、特別な二つ小節を何度でも繰り返し聞くと、
その「きれいな秘密」を見つけることができる。
台湾の人気歌手JAYの強さもこれです、
彼の歌はヒップホップの風格を満ち溢れますが、また復古的なメロディーも含む。
普段、私たちは一曲をつくる時、
よく高音部(楽器)、中音部(人声)、バス部(楽器)に分解して、
リズムはたまには人の声を担当する、
JAYは逆に人の声が節奏の楽器だとして、それで新しい風格と潮流が出ます。

他の例は、Linkin Parkよく使うのが混合理論です、
たくさんの流行歌の中に、経典メロディーがいっぱい。

いちばん面白いのは、舒駿さんはいろなの初経験を形容した、
「お化けを見たみたい、非常に刺激になった。しかしだんだん感覚はなくなって、編曲しても会計ような等級「指が非常に速い」と同じだ。」
アハハ、冗談を言うで、ここも編曲の一種の技だと思うですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
音楽の未来 ねねのメモ/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/10 05:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
音楽の未来 ねねのメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる